百鬼ゆめひな・飯田美千香

97年 百鬼どんどろに入団、岡本芳一に師事。等身大人形の制作を学びながら、ヨーロッパを中心とした数多くの海外公演に随時同行し、様々な国の舞台創作表現に触れる。98年 初舞台、01年独自のユニット〈夢人形ひいな〉を立ち上げ自作の人形や面で 処女作『雛がたり』発表。地元の能舞台でのレギュラー上演開始。06年 百鬼どんどろから独立。人形制作・操演以外に作劇・演出を担当。09年、能の「隅田川」をベースにした演目『笹法子』を発表し、ドイツのフェスで好評を博す。2010年 師匠、岡本芳一の没後、屋号を「百鬼ゆめひな」と改め拠点を東京から信州伊那谷に戻す。2011年 『障遣願舞うつ神楽』、2012年『曼珠沙華』発表、2013年 国際交流基金ニューヨーク日本文化センターの招聘によるアメリカ公演、同年トルコ公演。『花残月』、『化身』を発表、 作家 岡部えつ率いるユニット“業”(ごう)で、音楽はスガダイロー、チェ・ジェチョルと『六花』『狢穴の話』を上演。2014年 石清水八幡宮にて奉納演舞を務める。創作神楽『風』発表。15年 能楽師 安田登一座『イナンナの冥界下り』エレシュキガル役として二期倶楽部(那須高原)、日本デザインセンター(東京銀座)、セルリアンタワー能楽堂(東京都渋谷)などで上演。2016年 国際交流基金サンパウロ日本文化センターの招聘によるブラジル公演、安田登一座『海神別荘』美女役として金沢能楽美術館などで上演。ゆめひな怪談シリーズとして怪談専門誌『幽』編集長でアンソロジスト 東雅夫 原作による『蛇恋-JAREN-』と『黒髪変化』発表。2017年 ポルトガル公演、甲斐国一宮浅間神社にて奉納演舞。邦楽家 木村俊介 演奏による『地獄大夫』発表、安田登一座『天守物語』天守婦人・富姫役として金沢21世紀美術館で上演。2018年『創作神楽スサノオ~八岐大蛇退治~』発表。2019年 第七回大江戸よしわら節分お化けにてゲスト出演、吉原最後の引手茶屋・桜なべ中江別館金村での座敷公演など。

5月

5/2(木) 立体講談『はだしのゲン』@渋谷ロフトヘブン
~講談と音と人形と~
出演/神田香織(講談)坂田明(sax・cllarinet・朗読)飯田美千香(百鬼ゆめひな人形師)
開場15:30/開演 16:00
前売り¥3,800/当日¥4,300
※椅子席(全席自由)/ドリンク代別 ¥600
※ご来場順入場となります
詳細&チケット予約 ←こちらをclick!

5/11(土) 人形・面教室
5/18(土) 人形・面教室
5/19() 人形・面教室
5/24(金) 人形・面教室

2/3 桜鍋中江別館金村

桜なべ中江 店主 中江白志さんのFacebook投稿より
Facebookページはココをclick!

吉原最後の料亭で絶品桜肉料理を味わいながら等身大の人形を使った舞踊を鑑賞する会

おはようございます。
東京浅草吉原で文化財の中で東京伝統料理桜鍋が食べられる、100年馬肉の桜なべ中江の中江です。

突然ですが、
等身大の人形をあたかも本物の人間のように自由自在に操りながら舞い踊る舞台って想像つきますか?
ざっと見た感じだと二人の人間が付かず離れず舞っているようなのですが、一人は人形なので、人間では表現できないような動きをするのが特徴です。
開催日は2月3日の節分の日、つまり旧暦の年越しの日です。
まさに節分にふさわしい舞台を鑑賞しながら桜鍋中江自慢の桜肉料理を食べ、新しい年を迎えましょう!というイベントです。

演ずるのは現代の傀儡師、百鬼ゆめひなさんです。
このゆめひなさんは長野県の伊那谷を拠点としてアメリカ、ブラジル、トルコなど全世界を股にかけて活躍している芸術家です。
この世界的な芸術家が、実は吉原という町をリスペクトしていて、
2月3日に吉原で行われる吉原商店会主催のイベント「節分お化け 吉原繚乱」にゲスト出演されるということで、それに合わせて金村にもお越しいただくことに相成りました。

演目は
「猫姫くぐつ舞」
戌年と亥年の境目ですからやっぱり猫ですよね。

さらにご祝儀舞で
「猫舞」
もご披露いただきます。

「猫舞」は「獅子舞」の猫バージョンですから、
獅子舞のように皆さんのお席を練り歩き、頭をかじってくれます。

なんか
新しい年が来た!
って感じしませんか?

それに
桜鍋中江自慢の桜肉料理
を合わせちゃいます。

これは猫じゃなくてちゃんとした馬肉ですよ~

北海道生まれ九州久留米育ち、
通常の倍以上5~7年の肥育の時間をかけて旨味を蓄えた
極上純国産桜肉を
肉の中で唯一許されている「生食」で、素材本来の味を噛み締めてもらったり、
東京吉原の郷土料理「桜鍋」でさっと煮て食べて体を温めてもらったり、
しめの食事「あとご飯」で桜肉の旨味とエキスと栄養素を全部吸収してもらったり、
さまざまな方法で味わっていただきます。

しかも、「ロース」「バラ」「ヒレ」「霜降り」「巻ロース」と、様々な部位を味わえるのも専門店ならではの醍醐味です。

さらに、この日は「桜鍋中江四代目店主」も自ら桜鍋、そしてあとご飯を調理します。
普段はお客様本人やお店のスタッフがやっていますので、店主が作ったのとどう違うのか、食べ比べてみてくださいね。

でも、もし

自分で作ったほうが美味しい

そう思っても人には言わず、私にだけそっと囁いてください。
一層精進しますので。

さてこの鑑賞会の参加人数ですが

10人

とさせていただきます。

普段は30名ほど入る大宴会場ですが、

舞台
生演奏奏者

さらには

猫舞で練り歩くスペース

を取ると、10人が精一杯なんですね。

たった10人で貸し切りできるなんて、なんて贅沢な空間なんだろうって思いませんか?

しかもテーブル席なので、足がしびれる心配がありません。

気になるお値段ですが、

世界的舞踏家百鬼ゆめひなさんと演奏者、音響照明スタッフのギャラ及び長野からの交通費、東京の一流ホテルでの滞在費

をわずか10名で割ると一人あたりは相当な額になります。

それに

中江自慢の桜肉料理

が加わりますので、

一人4~5万円

いただいても納得いただけるはずです。

それを今回は

お食事代13600円
席料1500円
合計15100円

の定価に

ワンドリンク

をおつけして、

16000円

としました。

アルコールを飲めない方に配慮して飲み放題にしなかったのと、
人形舞踊にかかる費用を吉原商店会が負担してくださるため、
そして、猫舞の時に皆さんからおひねりを頂戴したいため、
この価格といたしました。

さらに、いずれは吉原も拠点の1つとして活動したいという気持ちをお持ちのゆめひなさんではありますが、内容にご不満を感じた方のために

全額返金保証

をおつけします。

さらにさらに、
1月26日(土)午後5時までにお申し込みいただければ、

1000円

割引して

15000円

とさせていただきます。

定価以下です。

まとめます。

演目
長野伊那谷の傀儡師 百鬼ゆめひなさんによる

「猫姫くぐつ舞」
「猫舞」

料理
桜鍋中江自慢の桜肉料理

北海道生まれ九州久留米育ち、
5~7年の長期肥育で旨味を蓄えた極上純国産桜肉の
「ロース」「バラ」「ヒレ」「霜降り」「巻ロース」部位を使用した
馬刺し
肉寿司
桜鍋中江四代目店主責任調理の桜鍋、あとご飯
など。

開催日時及びスケジュール 2月3日(日)
17時30分開場
18時 お食事開始 中江の自慢の料理をお楽しみください
19時30分 猫姫くぐつ舞 鑑賞
20時 あとご飯、デザートをお楽しみください
20時30分 猫舞披露 おひねりのご用意をお願いします

場所 桜鍋中江別館
東京都台東区千束4-16-7
吉原遊廓内 吉原交番斜め前
03-3872-5398

定員 10名

申込み方法 メッセンジャーでご予約名と参加人数をお知らせください

お支払い方法 当日現金にてご持参ください
おひねりの両替及びぽち袋のご用意は
できかねる場合がありますので、
ご自身でのご用意をお願いします。

キャンセルポリシー 2日前まで0%
前日50%
当日100%
キャンセル料を申し受けます。

お問い合わせ、その他 メッセンジャーにて承ります。

2月

2/3()  節分お化け@吉原(東京都台東区千束)
※ゲスト出演 ※詳細後日

2/3() 吉原最後の料亭で絶品桜肉料理を味わいながら等身大の人形を使った舞踊を鑑賞する会@東京都台東区
とき:2019年2月3日(日) 17時30分開場
18時 お食事開始 中江の自慢の料理をお楽しみください
19時30分 猫姫くぐつ舞 鑑賞
20時 あとご飯、デザートをお楽しみください
20時30分 猫舞披露 おひねりのご用意をお願いします
ところ:桜鍋中江別館金村 東京都台東区千束4-16-7
吉原遊廓内 吉原交番斜め前
お問合せ先:03-3872-5398
料金:16,000円(※1/26 17:00迄のご予約で1,000円割引)
定員:10名  ※定員に達しましたので只今キャンセル待ちとなっております
※詳細はココをclick!

2/10() 創作舞台『天守物語』松江公演
日程 2019年 2月10日 ~ 2019年 2月10日
開場 13:30/開演 14:00 終演予定 16:00
料金/前売一般 2,500 円、前売高校生以下 1,500 円、当日一般 3,000 円、当日高校、以下 1,800 円 ※チケット発売日2018年 12月15日
《お問い合わせ先》
島根県民会館チケットコーナー(10:00~18:00/第2・第4月曜日定休)
0852-22-5556

【原作】泉鏡花 『天守物語』
【脚色・演出・出演】安田登
【出演・スタッフ】
百鬼ゆめひな(人形師)
奥津健太郎(能楽師狂言方)
笹目美煕(子方)
東雅夫(文藝評論家)
玉川奈々福(浪曲師)
空伊ナディア(ダンサー・翻訳家)
Junko☆(ダンサー/実験道場)
TAKEchan(ダンサー/実験道場)
RYUTA(ダンサー/実験道場)
KEKKE(ダンサー/実験道場)
WAGATSUMA(ダンサー/実験道場)
金沢霞
ヲノサトル(シンセサイザー)
上野賢治(フルート)
森山雅之(太鼓)
山下昇平(美術・造形作家/面・美術製作)
コロスの皆さん
禿・妖怪の子どもたち(公募)
イメージイラスト:波津彬子

1月

1/1() 獅子舞門付け
1/2(水) 獅子舞門付け

1/3(木) イベント出演:獅子舞&にゃんこ舞門付け
《初春のひねもすに獅子が舞う》
於 蕎麦 ひねもす
〒3993701 長野県 上伊那郡飯島町田切3019-3
※百鬼ゆめひなオススメ希少品種「はるか」販売のご案内
※楽しい事後報告はここをclick★

1/16() 人形・面教室

1/20() 蕎麦ひねもす公演Vol.3
— 天地も凍る大寒の日に繙く 雪女の物語 —
◼️日時 2019年月1月20日(日) 12時~
◼️場所 蕎麦ひねもす(長野県上伊那郡飯島町田切3019-3)
◼️参加費 4,500円※お食事・お茶・お菓子付き
※定員に達しましたのでキャンセル待ちとなります
========================
■当日のタイムスケジュール
・12時~ 蕎麦づくしのお食事
・13時  開演(40分ほど)六花上演後「お楽しみ」な舞いもあります♪
・14時過ぎ~ 百鬼ゆめひなさんを囲んでお茶+お菓子タイム
・15時頃終了予定
========================
■演目 ひとり語り人形芝居『六花 -Rocka-』
原作/岡部えつ「雪女」より
音楽提供/スガダイロー・木並和彦ほか
人形美術・構成・出演/飯田美千香(40分)

※clickで画像拡大

12月

12/2() 桜なべ中江別館 金村(東京都台東区千束)
※関係者のみ

12/8(土) シナジーナイト@下呂交流会館
日時:2018年12月8日(土) 19:00開演(開場18:30)
会場:下呂交流会館 マルチスタジオ
入場料:1,000円(自由席・100席限定・完売した場合当日券はありません)
チケット発売日:11月8日(木)9:00~
販売所:下呂交流会館 0576-25-5000(電話予約、当日受取可)
企画・運営:アクティブサポーターズ、下呂交流会館
 拡大➝click

12/9() 下呂温泉合掌村
①10:15~/②11:15~

12/

12/12(水) 人形・面教室
12/13(木) 人形・面教室

12/22(土) 人形・面教室クリスマス発表会
      於 ゆめひなアトリエ
      ※関係者のみ