ブラジル公演(2016年)

2016年 3月12日・13日サンパウロ@FECUP劇場
主催:国際交流基金サンパウロ日本文化センター

上演演目:12日 『六花』  『風』、13日『六花』 『化身』

ブラジルまでの移動時間がトランジット含めて約30時間近く要するので、8日間の旅行期間で現地での滞在は4日間、うち仕込みや本番で3日間は劇場にいたので、かなりタイトなスケジュールでしたが、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの皆さんとは、かなり密に楽しい時間を、、、楽しいだけじゃ無かったですね、舞台の仕込みから何から全部お手伝いまでご苦労お掛けしました。時差ボケ&覚醒している私たちと連日深夜や朝までお酒の席に付き合って頂いたりと、本当にお別れが名残惜しくてたまりませんでした。
今回の日本からの同行スタッフは、チーフに森脇晃司さん、チーフ補佐として清水美智子さんの2名体制で臨ませて頂きました。併せて現地の技術スタッフの手配もこちらの要望どおりに応えて頂きまして、多くの方々に支えられての公演となりました。
今回はブラジルということで日系人の方々が多く見受けられました。とても喜んで下さって「感謝します」という身に余るようなメッセージまで頂きました。そういった経験から、これまで以上に日本人としての表現や文化を海外の方々にお伝えし、感じていただけるようなパフォーマーになれたらいいな、と夢見ました。2日間で自分史上最高の延べ750名のお客様にご来場頂きました。

アメリカ公演(2013年)

2013年
2/15  ニューヨーク@アジアソサエティーニューヨーク
2/21  ヒューストン@アジアソサエティーテキサスセンター
主催:国際交流基金ニューヨーク日本文化センター

百鬼どんどろ時代、海外には沢山行きましたが、NYには縁が無く「NYはスタッフでは無くパフォーマーとして行くんだ!」と他愛ない冗談としてずっと言ってきました。時は経って、岡本さんも逝去、なんとか岡本さんの三回忌記念公演を打ち上げたら翌日、国際交流基金NY様からメールが、、、。ちょっと考えられ無い事でした。「岡本さん、三回忌やったからご褒美かな、ありがとう!」と思いましたが、お礼は私を選んで下さったご担当の白崎さんにでしょうか笑。百鬼ゆめひなになって最初の海外公演が奇しくも夢のNYとなりました。都合で単身で行くことになりましたが、それでストレスを感じないようにとのご配慮で、舞台スタッフは全員NYで活躍する日本人の皆さんで固めて下さっていました。資料は事前に稽古の動画をYouTubeにUPしたものを見て頂くというのと紙面のみ。初めてお会いしてその夜が本番でしたが、数時間のお付き合いとは思えない程、私のやりたいことを分かって頂けてると感じました。2演目だったので舞台の転換もあったのですが、最初に一度だけ自分がセッティングしましたが、知らない間に全部再現できる段取りがされていました。「あれ、なんで出来たんだっけ??」と、すべてにおいてニューヨークで鍛え抜かれた日本人スタッフの仕事ぶりは圧巻の早さで、お陰様で安心して舞台に挑むことが出来ました。会場はアジアソサエティ・ニューヨークのキャパ200人程の劇場でした。こちらもお陰様でほぼ満席でした。今でも米国公演は夢だったんじゃないかと思いますが、素敵な思い出はちゃんと確かに存在しています・・・。

(追記)ヒューストンでも上演しました。現地で成功されている日本人の方がホストを申し出て下さいましてレセプションが設けられました。なので私の公演にお越し頂いたお客さまにワインやオードブルが振る舞われました。感激でした。これがアメリカなのですね、、、。