『蛇恋-Jaren-』 劇評:大木一史(演出・脚本家)

NHKでの「おしん」を始め、TBSでも数々のドラマの演出を手掛けられた大木一史氏に最新作『蛇恋-Jaren-』の劇評をお寄せ頂きました。
*****************************************************
今日は、浅草の近くにあるとある寺の本堂で特別なもの観てしまった。人形師百鬼ゆめひな(飯田美千香)さんの等身大の人形を使った公演だ。安珍・清姫伝説を脚色した劇だが、この際ストーリーなど大した意味を持たないと敢えて暴言を吐いてしまおう。そう、人形とゆめひなさんの奏でる一瞬一瞬にただひたすら身と心を委ねればいいいのだ。さすれば自ずと誰しもが至福の境地へと達するであろう。といった次第ですっかり圧倒されてしまったのだ。人形たちの感情の息吹に、極限まで鍛えられた肉体の躍動に、そして心の一番深い底の底に潜む情念の炸裂に・・・ふとその時、隣席に座っていた有名脚本家のKさんが立ち上がって壁際へ移動し始めた。前方の客が視界を遮るのに耐えられなくなったのだ。自分も釣られて席を立った。しかし見回すといつのまにか大半の客が立ち尽くしている。劇のあまりの強烈さに見とれしまって会場全体がほぼ総立ちの状態になっていたのだ。とその時、人形師が演ずる仮面の女が、人形師自らか操る僧侶に跨り襲い掛かった。その瞬間、着物のすそが乱れた。生身の太ももが前触れもなく突然現れた。人形たちの世界に生々しい肉体がほんの一瞬姿を現したのだ。その特権的瞬間の何と感動的な事か、もはや筆舌に尽くしがたい。エロスの何たるかをこの年で漸く分かった気になった。だが、エロスは、忽ち死の世界に取って代わられるのも世の宿命。雷が落ち、女は恐ろしいものへと変貌していくのである。エロスと死、この世とあの世、人間と人形が境界線を飄々と跨ぎながら入れ替わって行く様に、後はただただ茫然とするのみであった。

劇が終わるや否や、私とKさんはそそくさと公演場所を後にした。名も知れぬ小さな飲屋に飛び込み、感動の興奮さめやらぬまま杯を交わし始めた。
いつしか下町の夜は更けて行った。

怪談専門誌『幽』25号の特集で取り上げて頂いております

怪談専門誌『幽』25号(KADOKAWA)只今絶賛発売中です!!
是非ともご購読頂けますよう、宜しくお願い致します。
公式サイト→http://www.kadokawa.co.jp/yoo/
IMG_5994

IMG_5995 IMG_5996

特 集
人形/ヒトカタ
【インタビュー+ルポルタージュ】
山岸凉子   ロング・インタビュー
日本怪談紀行 百鬼人形師の工房を訪ねて 東雅夫
百鬼ゆめひな(飯田美千香)インタビュー
人形の顔がキラッと光って何かが入る瞬間が
綾辻行人   球体関節人形の魔力
京極夏彦   人形は、なぜ怖いのか
【エッセイ】記憶の中の人形たち
牧野修   人形と幽霊
石塚公昭  私と人形
澤村伊智  怪談と人形の共通点とは
田辺青蛙  我が家の人形──その後
【インタビュー】
中川多理  人形は鏡、自分をそのまま反射する
【復刻】
人形幻想譚 達意の名文で味わう 鏡花の人形たち
編・解説=東雅夫
【論考】
辻󠄀本一英  正月に舞う神々 ─阿波木偶「三番叟まわし」─
大道晴香  躍動するオシラサマ ─ヒトガタという身体について─
【読書案内】
朝宮運河  必読の人形怪談ブックガイド
連 載
〈巻頭グラビア〉
皆川博子  「そこは、わたしの人形の」 人形=中川多理
〈怪談小説〉
京極夏彦  「虚談 ベンチ」
有栖川有栖 「濱地健三郎の事件簿⑤ 分身とアリバイ」
山白朝子  「世界で一番、みじかい小説」
恒川光太郎 「死神と旅する女」
近藤史恵  「震える教室 いざなう手」
円城塔/訳 ラフカディオ・ハーン/著「アキノスケの夢 ほか三篇」
朱野帰子  「藁人形」
初野晴   「マルコの福音書3」
〈怪談実話〉
おひっこし新連載 藤野可織「私は幽霊を見ない」
中山市朗  「怪談狩り」
福澤徹三  「怖の日常」
小池壮彦  「日本の幽霊事件」
松村進吉  「セメント怪談稼業」
〈怪談漫画〉
波津彬子 監修=山内麻衣子「幻妖能楽集 定家」
諸星大二郎 「こっちでもへび女 はじめました」
花輪和一  「雨の猫塚」
高橋葉介  「ドラゴン・タトゥーの女」
近藤ようこ 「たそがれの市 第八話 案山子」
柴門ふみ  「夜の広場で子供たちは踊る」
押切蓮介  「おののけ! くわいだん部」
岸浩史   「むげん散歩」
〈怪談逍遥〉
南條竹則  「幽的民譚 ゴーストリイ・フォークロア」
加門七海  「お呪(まじな)い日和」
おばけずきフォーラム
〈トーク〉
綾辻行人  『深泥丘奇談・続々』
恩田陸×福澤徹三「怪談実話の尽きせぬ魅力」
夢枕獏×安曇潤平「山と釣りの怪異を語ろう」
西村裕介  『The Folk』
〈アカデミー〉
伊藤慎吾  怪異と空想の魚事情
横山茂雄  ジョン・ディーとエドワード・ケリー、そして始原の書物
〈ブックレビュー〉
杉江松恋  ゾラン・ジヴコヴィッチ『12人の蒐集家/ティーショップ』他
小池啓介  山本弘『怪奇探偵リジー&クリスタル』他
朝宮運河  東雅夫 編『文豪山怪奇譚 山の怪談名作選』他
土方正志  シャーリイ・ジャクスン『なんでもない一日』他
中島晶也  ウィリアム・ホープ・ホジスン『〈グレン・キャリグ号〉のボート』他
千街晶之  小田イ輔『実話コレクション 忌怪談』他
星野智   宇田川敬介『震災後の不思議な話』他
長山靖生  横山茂雄『神の聖なる天使たち──ジョン・ディーの精霊召喚一五八一~一六〇七──』他
門賀美央子 伊藤慎吾編『妖怪・憑依・擬人化の文化史』他
東雲騎人  黒史郎『実話蒐録集 闇黒怪談』
イトウユウ 近藤ようこ『死者の書』
〈怪談海山評判記〉
戸神重明
三輪チサ
山下昇平
諸見里杉子
〈とれたて怪談実話〉
田中康弘  「つかむ男/大きな顔/山奥のベンツ」
富安陽子  「島の奇談など」
名梁和泉  「実家三題」

岡本芳一 命日記念上映会のお知らせ

先週6/23に師 岡本芳一の七回忌法要で広島・呉に行って参りました。
あれから何年も経つのに変わらず岡本さんのご親族とも親しくさせて頂き、ひとり呉の町や港を歩き、馴染みのお好み焼き屋さんに寄ったり、私はどうしてここにいるのだろう・・・と、不思議というか複雑な気持ちになりましたが、岡本さんの郷里にもご縁があったのだな、、、と思いました。

今年も命日の恒例企画として、岡本芳一 魂の遺作映画『VEIN-静脈-』(渡邊世紀監督作品)の上映会をゆめひなアトリエで開催致します。毎年休憩中に召し上がって頂くお茶とお菓子をご用意させて頂いておりますが、今年は いつも定期上演会でお世話になっております《ざんざ亭》の長谷部晃さん監修のもと、私の方で岡本さんの好物だった餡子を使ったお団子を作って、皆様をお迎えしたいと思っております。
ささやかな上映会ですので、お早めのご予約をお待ち致しております。

詳細はこちらをclick★

“絶望顔の物語” 『うつ神楽』初代〈うつお〉のエピソード

絶望顔くんIMG_3035
ワタシは“絶望顔”という名のお面です。目と口に穴が開いているだけの面です。しかし、顔というのは目と口で全ての感情を表現できる、その究極を極めたワタシを誕生させてくれました。実は20年以上にわたりヨーロッパを一世風靡した伝説の人形師、百鬼どんどろ 岡本芳一(2010年没)によって作られたお面なんです。

ワタシはいつ生まれたのかは不明です。ずっと昔からかも知れないし、もしかしたら新しいのかもしれないし、、、。でも人の心の中にずっと住んでいました。

1987年の舞台写真でワタシのお面を岡本さんが被って舞台に立ている貴重な写真です。でも本当のところは岡本さんがこの世にいないのでもう分かりません。
岡本さんが生涯を掛けて私を産み、ワタシを愛してくれたことが分かっていれば嬉しいのです。

IMG_4164

普段人形やお面の顔を作るときは、油粘土で成形して、それを石膏で型を取ります。不思議なことにワタシの型だけ残っていません。石膏型がないと二度と同じものは作れないので、大事に保管します。なのでワタシは世界でたったひとつのお面なのです。

IMG_4173

ワタシは2003年7月13日、『風態』(ふうたい)という演目で、長野県内のお寺や、あちらこちらで上演していました。この頃人々はワタシの顔が絶望しているみたい、という事から“絶望顔”と呼ばれるようになりました。ワタシの顔に興味を持ってもらえるのはごく少数のファンばかりで、余り人に好かれませんでした。とうとうあるライブハウスでの公演は開演時間になってもお客さんが一人も来なかったので公演中止になりました。能舞台のある旅館ではワタシの出ている演目は不吉だとお客さんからクレームがきてしまって、ワタシは出演禁止となってしまいました。それを機にワタシは舞台を退きました。

IMG_4162

2010年、岡本芳一の没後、唯一の弟子 人形師 飯田美千香が“どんどろスタイル”を継承して屋号を『百鬼ゆめひな』として立ち上げました。その最初の演目として宮崎駿監督原案の『うつ神楽』を飯田美千香が“どんどろスタイル”の人形神楽として手掛けることになりました。宮崎駿監督により“うつお”と“ウツメノミコト”との2つのキャラクターのスケッチが立ち上がっていました。それと地元の逸見尚希さんという方が書かれたあらすじをもとに、まだ存命であった岡本さんが『うつ神楽』の粗構成を作りました。その具体的なキャラクターのイメージ画を飯田美千香が起こしました。宮崎駿・岡本構想スケッチその“うつお”のモデルがワタシだったそうです。ワタシはまた光の当たるところへと誘われ
て行くのです。。。

鬱男

こうしてワタシは2011年8月、『うつ神楽』の“うつお”として、奇しくも出演禁止となった旅館の能舞台からの再出発となりました。最初は子供に泣かれたり、大人からも「ゾッとする」と少し避けられることもありましたが、演目の成長と共に、徐々に皆さんからも愛されるキャラクターになりました。演目が終わった後、お客さんをお見送りに出て行くと、とっても喜んでもらえました。これがまさに岡本芳一の表現したい人間の心に棲む面、ワタシだったのです。

うつ神楽製作中b旅館の能舞台から、地元のテーマパーク、学校、敬老会、イベント等々、様々なところから上演依頼がくるようになりました。2013年春、長野県の夕方のニュース番組で取り上げてもらったのを皮切りに、その後は週刊朝日のグラビアページにまでワタシは掲載されました。地元の月刊誌や、有名企業の雑誌、サイトでも紹介していただきました。

001

002

そして2014年秋、日本三大八幡宮として名高い石清水八幡宮で奉納演舞を務める時がやってきました。平清盛も舞ったといわれる御本殿の舞台に立ち ました。足のすくむ思いがしました。石清水八幡宮の大神さまの不思議な力がすーっと体内に宿り、うつおとワタシ、飯田美千香が一体になった瞬間の連続でし た。その様子はニュースや新聞でも報道され、大きな反響となりました。
その年の冬は飯田美千香の拠点である長野県上伊那郡飯島町で『うつ神楽』は初の劇場招聘公演を行い、最高の舞台スタッフに支えられ、大ホールの舞台に立ちました。舞台は大盛況でした。

今牧141214-035
????????????????????????????????????

????????????????????????????????????

それを最後にワタシは今度は自分から舞台を下りる事を選びました。

舞台を通じて色んな所へ行き、色んな方々と出会い、ご覧頂いた方々から喜びの言葉、励ましの言葉を頂き、沢山素敵な思い出を作ることが出来ました。

3年間で300ステージ以上の舞台で上演させて頂き、少し自分に自信を持つことが出来るようになりました。

故 岡本芳一の人形達たちの鎮座する、『百鬼ゆめひな』の人形展示室に入ることに決めました。そこから静かに“どんどろスタイル”の人形舞台の行方がどうなっていくか見つめていたいと思っています。

もしもまたワタシで役立
つときがきてお呼びが掛かったら、、、
その時はまた喜んで出掛けていこうと思っています。
そんな日が来ることを祈りつつ、暫しのお別れでございます。

それまでワタシはここに居ます。
またいつの日か、必ずお会いしましょうね。

うつお こと 絶望顔より

IMG_4170