ブラジル公演(2016年)

2016年 3月12日・13日サンパウロ@FECUP劇場
主催:国際交流基金サンパウロ日本文化センター

上演演目:12日 『六花』  『風』、13日『六花』 『化身』

ブラジルまでの移動時間がトランジット含めて約30時間近く要するので、8日間の旅行期間で現地での滞在は4日間、うち仕込みや本番で3日間は劇場にいたので、かなりタイトなスケジュールでしたが、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの皆さんとは、かなり密に楽しい時間を、、、楽しいだけじゃ無かったですね、舞台の仕込みから何から全部お手伝いまでご苦労お掛けしました。時差ボケ&覚醒している私たちと連日深夜や朝までお酒の席に付き合って頂いたりと、本当にお別れが名残惜しくてたまりませんでした。
今回の日本からの同行スタッフは、チーフに森脇晃司さん、チーフ補佐として清水美智子さんの2名体制で臨ませて頂きました。併せて現地の技術スタッフの手配もこちらの要望どおりに応えて頂きまして、多くの方々に支えられての公演となりました。
今回はブラジルということで日系人の方々が多く見受けられました。とても喜んで下さって「感謝します」という身に余るようなメッセージまで頂きました。そういった経験から、これまで以上に日本人としての表現や文化を海外の方々にお伝えし、感じていただけるようなパフォーマーになれたらいいな、と夢見ました。2日間で自分史上最高の延べ750名のお客様にご来場頂きました。