演目紹介

ゆめひな怪談『蛇恋-Jaren-』

最新作 Yumehina’s Kwaidan “JAREN”
作・出演/飯田美千香 原案/東雅夫 作曲・ドラマトゥルク/木並和彦

いまになる  きっとなる  恋する女は  蛇になる。

恋しい男を追いかけて、どこまでも、どこまでも、野越え山越え追いかけて、追いかけるうち鱗が生え、追いすがるうち角が生え、とうとう蛇になった娘がおりました……。中世から近世にかけて、能や歌舞伎、舞踊などの「安珍清姫」「道成寺」ものに集大成される、女人蛇体の妖しくも哀しい恋物語。師・岡本芳一の代表作『清姫曼陀羅』の世界を継承しつつ、百鬼ゆめひなが新たな着想とアレンジでおくる、恐怖と恋情の怪談人形芝居!

 『風』

原案/小林豊(『とうさんと ぼくと 風のたび』より)
構成・人形制作・出演/飯田美千香 音楽/木並和彦 衣装/小林靄(地球屋)
30min/30分

この演目は五穀豊穣を願う華やかな創作人形神楽です。
大地を司る童の御子(わらべ の みこ)がいました。そこへ大地に豊かな恵をもたらす優しい風の神がやって来ます。御子の守り神・狛犬(こまいぬ)も現れて、3人は仲良くなりました。御子と狛犬は、風の神が運んできてくれた沢山の命の種を大地にすき込みます。ところが風の神は良いものを運んでくれるけれど、時に邪神が取り憑いて恐ろしい“邪風オロシ”にも変わります。邪風オロシは人々の心に争いの種をまき、田畑も荒し、暮らしも全部破壊してまわります。3人は力を合わせて邪神を追い払い、天変地異を乗り越え見事な豊作の時を迎えます。五穀豊穣の象徴として信州伊那谷の名物名産を彩った鮮やかな風の神の衣装も大きな見所の一つです。

yumekagu a

『化身』 Keshin

作/岡本芳一  潤色・人形制作・出演/飯田美千香  音構成/尾林真理
30min/30分

民間伝承の一つに“神かくし”があります。
一人で山に入り、そのまま姿を消してしまう。それは山の精霊の仕業であると信じられていました。
『化身』は山の精霊が里に降りてきて女性と戯れ踊り、再び山に帰っていく様を表現した荘厳で力強い男性的な精霊の舞です。
銀雪に輝く中央アルプスの雄大な山並みも感じさせるこの演目は、師 岡本芳一の代表作の一つで、。百鬼ゆめひな(飯田美千香)が継承しました。

festakeshin

 

『六花 -Rocka-』

原案/岡部えつ
音楽/スガダイロー
人形制作・構成/飯田美千香
(12分/12min)

この演目は日本の民話で良く知られている妖怪「雪女」の演舞です。タイトルは『六花(ろっか)』。六つの花と書いて六花です。雪の結晶が六つの花びらに見えると言うことから六花とは雪を表す言葉です。この演目の原案は2015年TBSで放送されたドラマ『美しき罠~残花繚乱~』の原作者でもある《岡部えつ》が飯田美千香に書き下ろした雪女を題材にした怪談です。音楽は日本屈指のフリージャズピアニスト《スガダイロー》によるオリジナル曲です。真っ白な身体を燃やすようにして舞う人間の男に恋をした悲しい雪女の物語-。2016年 国際交流基金サンパウロ日本文化センターの招聘により、サンパウロでも上演。

 

img_6931

 

『猫姫くぐつ舞』 Nekohime kugutsumai

作・出演/飯田美千香、魔導師/岡本芳一、音構成/尾林真理
(30分/30min)

狐狸は人を化かすが他愛ない。
猫が化けるとチョト怖い。怖いけれども艶がある。
猫姫様が舞い踊る。大見得切っての七変化。

img_7538

iinaka13

 


『曼珠沙華-まんじゅしゃか-』 Manjusaka

岡本芳一のエロス(求める愛)に対して
美千香さんはアガペー(無償の愛)といった感じです
・・・山崎恭子
(臨床心理士・師 岡本芳一の実妹)

English ver.

人形制作・構成/飯田美千香
音楽/湯浅大吾(津軽三味線)
音構成/尾林真理
照明/森脇晃司
特殊美術/渡辺工房
音構成協力/辻田浩之
(25分/25min)

題名の曼珠沙華は彼岸花(リコリス)の別名で、秋に神秘的な姿の鮮やかな赤い花を咲かせます。日本ではその色姿や言い伝えによって、不吉の花とも吉兆の花とも言われます。本作は、苦界に生きる身となった遊女の儚く哀しい人生を彼岸花になぞらえ、その心の動きを、台詞を用いずに所作と舞だけで表現しています。

 

img_0705


『障遣願舞 うつ神楽』 “Utsukagura”

人形・ウツメノミコト面制作・構成/飯田美千香
うつお面制作/岡本芳一
※2011年8月28日~2015年1月11日まで上演→初代“うつお”こと、絶望顔の物語

障遣願舞:「障遣(さやり)」とは、人間が心の障害と思っていることをどこかに遣(や)ってしまうという意味があります。舞台を鑑賞された皆様の厄を祓い、多幸が舞い込むようにと願いを込めた舞が障遣願舞です。2014年 石清水八幡宮の御本殿にて奉納上演。

img_6375

141214-023

img_6182


『花残月』 Hanazangetsu

妖しい色香くゆらせて、男を誘い鬼女が舞う―。
作・出演・人形製作/飯田美千香
音構成/尾林真理
音構成協力/眞田健二
(10分/10 min/dance)

amagi