Yumehina百鬼ゆめひな

Yumehina百鬼ゆめひな

About百鬼ゆめひな

人形師飯田美千香と等身大天女人形

飯田 美千香
Michika Iida

自ら“ひとかた”(等身大人形)を創り、人への思いを込めて遣う。 独演でありながら複数のひとかたが情緒的に舞い踊っているかのように見える摩訶不思議な独特の舞台表現は 故 岡本芳一(百鬼どんどろ)により創作、継承者となる。海外や全国各地での単独公演、 神社仏閣での奉納演舞の他に古典芸能、邦楽、ジャズとのコラボレーション、映画、TV等に出演。 主な活動では2013年 アメリカ公演、2016年 ブラジル公演、2017年 ポルトガル公演、 2019年 ポーランド・ビィアリストク人形劇フェスティバルなど。 国内最大の人形劇フェスティバル・いいだ人形劇フェスタにも毎年参加するなど国内公演にも精力的に取り組んでいる。 深く人の心に棲む様々な思い― 祈りや願いを創作の源にしている。
鹿児島県姶良市出身。信州伊那谷在住。

これまで

1998年
「緋色の海の幻」初舞台
1999年
「子供三番叟」初のソロ舞台
2001年
「雛がたり」発表
2003年
「猫姫くぐつ舞」発表
2005年
「化性」発表
2008年
「笹法子」発表
2010年
「中有の闇のものがたり」追悼演目
2011年
「障遣願舞 うつ神楽」発表
2012年
「曼珠沙華」発表
2013年
「花残月」「六花」「化身」「人形創作神楽“風”」発表
2014年
「吹上天女」発表
2015年
「イナンナの冥界下り」「雪女」「夢十夜 第一夜」安田登一座
2016年
「海神別荘」安田登一座、「蛇恋-JAREN-」「黒髪変化」発表
2017年
「天守物語」安田登一座、「地獄大夫」発表
2018年
「人形創作神楽スサノヲ」発表
2019年
「はだしのゲン」神田香織と坂田明とのコラボ作品
「絵島ものがたり」発表

上演場所