プロフィール

yumehina百鬼ゆめひな=飯田美千香
信州伊那谷在住、鹿児島県姶良市出身。
プロフィール詳細
師、岡本芳一からのメッセージ

 

人形師。鹿児島県姶良市出身。自ら“ひとかた”(等身大人形)を創り、人への思いを込めて遣う。 独演でありながら複数のひとかたが情緒的に舞い踊っているかのように見える摩訶不思議な独特の舞台表現は故 岡本芳一(百鬼どんどろ)により創作され継承者となる。海外や全国各地での単独公演、神社仏閣での奉納演舞の他に古典芸能、邦楽、ジャズとのコラボレーション、映画、TV等に出演。主な活動では2013年 アメリカ公演(ニューヨーク・ヒューストン)、2016年 ブラジル(サンパウロ)公演。2017年 ポルトガル(リスボン・エスピーニョ)公演。2019年 ポーランド・ビィアリストク人形劇フェスティバルなど、国内最大の人形劇のフェスティバル・いいだ人形劇フェスタに毎年参加。深く人の心に棲む様々な思い― 祈りや願いを創作の源にしている。信州伊那谷在住。

Michika Iida, Founder, Yumehina puppet Theater company
Puppeteer/Puppet artist
Born in Kagoshima prefecture, Japan, Michika Iida began her career in performance and puppet making when she joined Dondoro Theater in 1997. she is the one and only apprentice of Hoichi Okamoto who the great master of Japanese art of puppetry. In 1998, she made her stage debut as a stage assistant. In 1999, she presented her first solo performance as a puppeteer.
During she’s time with Dondoro, she had opportunities to travel with domestic and overseas tour and present her own works within Japan and across Europe. In 2001, established her own theater company, Yume ningyo Hiina. In 2006, she left Dondoro Theater to explore her own style of performing and to develop her talent for directing.
In 2010, after her master Hoichi Okamoto passed away, she changed the name of her company to Yumehina Puppet Theater Company. Today, It is known not only for creating contemporary work that is deeply influenced by Japanese mythology and tradition her unique quality of a feminine perspective. Hers performance venues prefer   shrines and temples and other places with a natural richness and spiritualism.

About Dondoro style puppetry
In 1974, Hoichi Okamoto founded the Dondoro Theater. Dondoro is known for its use of masks and life-size puppets, with the puppeteer put on masks, co-performing to puppets as a separate person on stage. In the first six years, Dondoro was based in Tokyo and appeared in television shows and special events. In 1986, Okamoto settled in Inadani, in the mountains of central Japan. Living in this environment gave rise to Okamoto’s creation of many works that deal with people’s hidden emotional world. Dondoro has been praised both in Japan and abroad for introducing an “original and new expression based on Japanese tradition”.

〈主な作品〉

98年「緋色の海の幻」初舞台
99年「子供三番叟」初のソロ舞台
01年「雛がたり」発表
03年「猫姫くぐつ舞」発表
05年「化性」発表
08年「笹法子」発表
10年「中有の闇のものがたり」追悼演目
11年「障遣願舞 うつ神楽」発表
12年「曼珠沙華」発表
13年「花残月」「六花」「化身」「人形創作神楽“風”」発表
14年「吹上天女」発表
15年 安田登一座「イナンナの冥界下り」「雪女」「夢十夜 第一夜」
16年 安田登一座「海神別荘」
「蛇恋-JAREN-」「黒髪変化」発表
17年「地獄大夫」発表 安田登一座「天守物語」
18年「人形創作神楽スサノヲ」〜ヤマタノオロチ退治〜
19年「絵島ものがたり」音楽:亀工房
神田香織「はだしのゲン」音楽:坂田明

〈主な上演場所〉
石清水八幡宮(京都府)
甲斐国一宮 浅間神社(山梨県甲府市)
桜なべ中江別館 金村(東京都台東区千束)
飯島町文化館(長野県上伊那郡)
飯島町歴史民俗資料館陣屋(長野県上伊那郡)
飯島町文化館
中川文化センター
いいだ人形劇フェスタ(長野県飯田市)
人形演劇祭“inochi”(東京都調布市)
梅戸神社(長野県上伊那郡)
日本デザインセンター(東京都中央区銀座)
セルリアンタワー能楽堂(東京都渋谷)
金沢21世紀美術館
金沢能楽美術館
性應寺(鹿児島県姶良市加治木)
ざんざ亭(長野県伊那市)
ミミズクヤ(京都市)
たまごとミルクとりんごの木(長野県上伊那郡)
いなさ人形劇まつり(静岡)
芭蕉誕生360年祭(岐阜)
お宿「吉水」(京都円山公園)
新薬師寺(奈良)
高津宮(大阪)
大須大道町人まつり(名古屋)
オハヨーJAPN(ドイツ)
公州一人劇祭(韓国)
アジアソサエティ・ニューヨーク(アメリカ)
アジアソサイエティー・テキサス(アメリカ)
国際人形劇デイズ(トルコ)
FECAP(ポルトガル)国際交流基金サンパウロ日本文化センター
マリオネットミュージアム(ポルトガル)
エスピニョ講堂(ポルトガル)
ビアリィストク人形劇場(ポーランド)

〈映画〉

瀬々敬久監督作品『ヘヴンズ ストーリー』

渡邊世紀監督作品『人形のいる風景 ~ドキュメント・オブ・百鬼どんどろ~(追悼特別版)』


〈TV〉

TBS『風の言葉』

CEKエコーシティ駒ヶ岳『我が道を行く』


〈新聞・雑誌〉

『週刊朝日』

2013年5月31日発行グラビア5ページ

信州を愛する大人の情報誌『KURA』

2013年11、12月「うつ神楽」号連載

『清流』

2014年3月号/第2特集「神楽」
※新聞掲載記事多数、只今整理中